ホーム山のお茶とは

  静岡本山産の「山のお茶」中心の品揃えをしております。登録銘茶「元祖高等番茶」は、本来、煎茶に使う葉を、伝統の火入れ方によりわざわざ番茶として製造した逸品と自負しております。

 弊社のお茶に関する基本的な考えは、あくまで「本来のお茶」にこだわり続けるということです。今、「お茶の水色は緑色」であり、「きれいな緑色の水色のお茶ほど高級品だ」と錯覚しているお客様が、あまりにも多いのではないでしょうか。本来のお茶の水色は「ほんのり緑がかった山吹色」です。ところが、現実には水色が「山吹色」のお茶は極めて少なくなってしまいました。その理由は、コスト重視による大量生産されたお茶を、茶業界が追い求めすぎたことに要因があります。ただ飲みやすく、水色を緑色にすることで、さもおいしそうと錯覚させるようなお茶ばかりを製造した結果、「どこにでもある茶」「美味くもまずくもない茶」の氾濫を招きました。

  お茶の命は「香り」です。渋味、甘味、苦味が三位一体となった馥郁たる「香り」です。けれども、水色が緑色になるほど、お茶本来の「香り」が失われる確率は高くなります。

  お茶には、「山のお茶」と「里のお茶」があります。平地で育った「里のお茶」とは違い、「山のお茶」は過酷な自然条件の中で、逞しく育ち、日較差が大きいゆえに香気成分が醸成されます。  おいしいお茶とは、煎れ方によって、様々な味わいを楽しめるお茶です。おいしさの限りない可能性を秘めたお茶です。そしてそのお茶こそ「山のお茶」と確信しております。